日本ブリーフサイコセラピー学会 第26六本木本大会 2016 7/29〜31

7月30日(土) 午後・31日(日) 午前

本大会での自主シンポジウムは、下記の8題目の企画が開催されます。

◆7/30(土)16:00-18:00

  • 『先達に聴く!臨床家として大切なこと〜もっと伸びるために』
  • 会社を立ち上げた臨床心理士(2)
  • 動機づけ面接法MIと条件反射制御法CRCT 〜実質性を伴うアプローチの原点を探る〜
  • 若手が語りあうより効果的・効率的な心理療法 -ブリーフの若手は先達からどんなタネを受け取り育てているのか?-

◆7/31(日)9:00-10:30

  • 面接がまわりだした時への原点回帰

◆7/31(日)10:30-12:30

  • “原点回帰”にあたっての批判的検討
  • 居酒屋「ブリーフ的スーパーヴィジョん家六本木店」へ、ようこそ!
  • ベイトソンセミナー+ケース「オリジン1」

< 自主シンポジウム募集のご案内 >

第26回六本木大会では、大会テーマとして「原点回帰」を掲げました。自主シンポジウムは、会員が自主的にテーマの設定、企画、運営を行うものです。

以下の点にご留意いただき、企画責任者が申込の手続きをしてください。お申し込み多数の場合、企画趣旨に基づき、実行委員会にて採択を決定しますのでご了承ください。

自主シンポジウムの募集は締め切りました。
9件のエントリーを受け付けました。ご応募ありがとうございました。

企画責任者の資格

申込時および大会開催時点で日本ブリーフサイコセラピー学会の会員に限ります。

シンポジストの資格

大会開催時点で日本ブリーフサイコセラピー学会の会員に限ります。会員以外の方をシンポジストにする場合は、できるだけその方に入会をお勧めください。入会をして頂けない場合は、企画者からその方の「非会員参加の理由(推薦)」を、大会事務局に提出していただく必要があります。

シンポジウムの内容

「ブリーフサイコセラピー」に直接関係する内容で企画してください。大会テーマの「原点回帰」と連動させていただいても構いません。

開催日時等

2016年7月30日(土)午後と7月31日(日)の午前に各3セッション(計6セッション)を設ける予定です。時間枠は1セッションあたり1時間半から2時間ほどです。

お一人が複数の自主シンポジウムへ登壇される場合は、申込時にその旨(どなたが他の自主シンポジウムに登壇予定など)を記してください。なお、お一人が3つ以上の自主シンポジウムへご登壇されることはご遠慮願います。

シンポジウムの運営

大会事務局は会場の提供以外は一切関与しません。会場設営、後始末など、すべて企画関係者が行い、会場を原状に戻し、所定時間内に終了できるようご協力ください。

申込方法と締め切り

企画責任者は「自主シンポジウム申込」である旨を件名から分かるようにして、企画趣旨に関する企画名と文章(400字以内)と登壇者名(所属と会員・非会員の情報含む)を入力の上、大会事務局へお申し込みください。2016年3月25日(金)が申込締切です。


自主シンポジウムの募集は締め切りました。
9件のエントリーを受け付けました。ご応募ありがとうございました。

開催申込の採否の連絡とその後の連絡

原稿は、発表と同様にWEBに掲載するだけでなくプログラム・抄録集に掲載します。なお採否に関する問い合わせは一切受け付けません。

日本ブリーフサイコセラピー学会