日本ブリーフサイコセラピー学会 第26六本木本大会 2016 7/29〜31

7月29日(金)

10:00〜 委員会

学術、倫理・会則、 編集、研修、広報、WEB、学会事務局

12:00〜 受付開始
13:00〜18:30 ワークショップ
1 ブリーフセラピー入門 〜会話・対話によるセラピー〜
松浦真澄(東京理科大学・こころとからだの元氣プラザ)
八巻秀(駒澤大学・やまき心理臨床オフィス)
2 ブリーフセラピーの統合的アプローチ:『問題』の捉え方と活かし方
青木みのり(日本女子大学)
3 米国精神分析のプラグマティズム―関係精神分析と精神分析システム理論の立場から
富樫公一(甲南大学・TRISP自己心理学研究所(NY))
4 初めてのアドラー心理学
鈴木義也(東洋学園大学)
5 ユング心理学入門
小坂和子(東洋英和女学院大学)
6 トラウマ関連障害とパーソナリティ障害への人間性心理学−彼らの「自己」をどう信じるか?どう向き合うか?
杉山崇(神奈川大学)
7 認知行動療法でさらに広がる心理臨床
神村栄一(新潟大学)
8 臨床動作法入門
清水良三(明治学院大学)
9 オープンダイアローグの対話的実践: about-ness からwith-ness talkへ 〜様々な現場での対話的(ダイアロジカル)な支援に向けて〜
白木孝二(Nagoya Connect & Share)
長沼葉月(首都大学東京)
10 組織との関わり方〜社会に通用する職能集団であるために〜
前原寛子(パナソニック健康保険組合 松下記念病院)
18:30〜21:00 常任理事会

7月30日(土)

8:30〜 受付開始
10:00〜12:00 基調講演:心理治療技術の社会技術への応用 (大講堂)

講師:岡本浩一 (東洋英和女学院大学)
司会:長谷川明弘 (東洋英和女学院大学)

12:00〜13:00 昼食 / 理事会
14:00   口頭発表A
会場1
会場2
会場D-1
会場D-2
15:00  
15:30 学会企画A
「ブリーフ」を再定義する

(大講堂)

話題提供:児島達美(長崎純心大学)、菊池安希子(国立精神・神経医療研究センター)、鈴木俊太郎(信州大学)、法澤直子(長崎純心大学地域連携センター)

指定討論:八巻秀(駒澤大学・やまき心理臨床オフィス)

司会:小関哲郎(別府あおやま心理教育研究所)

企画:編集委員会 小関哲郎(別府あおやま心理教育研究所)・鈴木俊太郎(信州大学)

16:00 自主シンポA
会場A
会場B
会場C
18:00
18:15 移動 / 散会
18:50〜21:00 懇親会 (Veranda (ベランダ))

7月31日(日)

8:30〜 受付開始
9:00〜10:30 口頭発表B
会場1
会場2
会場D-1
会場D-2
10:30〜12:30 学会企画B
女性セラピストとしてのキャリアについて考える

(大講堂)

シンポジスト:安江高子(関内カウンセリングオフィス)、阪幸江(コミュニケーション・ケアセンター)、長沼葉月(首都大学東京)

指定討論:田中ひな子(原宿カウンセリングセンター)、坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)

司会:市橋香代(東京大学医学部附属病院)、八巻秀(駒澤大学)

企画:研修委員会 八巻秀(駒澤大学)

自主シンポB
会場A
会場B
会場C
12:40〜13:40 総会(弁当付き)
13:50〜16:30 大会企画:アプローチを越えた対話〜ブリーフサイコセラピーを原点回帰する (大講堂)

事例提供:神村栄一(新潟大学)
指定討論:富樫公一(甲南大学)、杉山崇(神奈川大学)、東豊(龍谷大学)
司会:長谷川明弘(東洋英和女学院大学)

17:00 閉会
日本ブリーフサイコセラピー学会